男が弱い手料理を知りたくありませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとした工夫で、あなたの手料理がおいしそうに見える方法!!

料理の味の印象は、人それぞれ違います。
それでは、料亭の料理は、どこが違うのでしょうか?

ズバリ!
見た目です。
日本人が長年かけて築きあげた和の文化に代表されるように
特に和食は、見た目が綺麗に見えるように仕上げています。

料理の味だけではなく、見た目の好印象に強くこだわっています。

家庭でも、白いお皿によせられた料理よりも
陶磁器によせられた料理の方がおいしそうに見えるんです。

そこには、昔から受け継がれてきた「おもてなし」と言う伝統の力が秘められています。
日本の古くからの伝統文化を感じることもできます。

そんな陶磁器で、毎日使えるちょっと贅沢な作品があります。
使う人を元気にしてくれる、幸せにしてくれると言う願いを込めて、ひとつひとつ丁寧に作られた作品です。

しかも、毎日たったの10円、1年間で3,650円、そんな手に届きそうな価格で、
親の生活に、上品な潤いを吹き込むことができます。
プロの陶芸家の職人さんと、いつもつながっている感覚が芽生え、好きな物に囲まれた生活が楽しくなり、毎日、食事やお茶をすることが今まで以上に楽しくなります。

それに、課題だったあなたの手料理を引き立ててくれます。
こんな器に盛られた料理は、誰が見ても、上品に見られます。

旦那さんを喜ばす逸品として、使ってみてはいかがでしょうか?


スポンサーサイト

旦那は、奥さんの手作り料理に弱い!!

男性は、手作りと聞いただけで、胸の中がコロっとします。
自分のために丹精込めて、わざわざ作ってくれたんだと、うれしくなるんです!

愛妻の作ってくれた美味しい手料理に男性は弱いんです。
旦那様が、どんな味付けを美味しいと思うかを、考えながら、献立を探求して、美味しいと感じることができる手料理を作ってくれる奥様は重宝されます。

「美人は三日で飽き、醜女は三日で慣れる」
「見た目は三日、寝床は三月、胃袋は一生」
と、昔から言われています。
毎日、我慢して、まずい料理を食べるよりも、美味しい手料理を食べれる方が
ずっと幸せでいれるのです。

旦那が喜ぶ手作り料理とは?

おにぎり弁当や、肉じゃが、お味噌汁などの和食が鉄板です。
洋食では、カレーライスや、ハンバーグが好きな男性は多いです。
何歳になっても、家庭で食べたい料理は変わらないんだと思えます。

こう考えると献立は、それほど難しくありません。
ごく一般的な家庭で食べられる料理です。

そこにちょっとだけ、好みの味付けが入って、食材が食べやすい大きさになっているかが配慮される位なんです。

そんな普通の料理を
世の男性は、みんな家庭で、美味しく食べたいと思っています。

よその家に行って、お味噌汁を食べると、いつもと味が全然違うと感じる人が多いと思います。
それは、普段、食べ慣れた家庭の味とは違うからです。
逆に言うと、食べ慣れた味の方が美味しく感じて、長く食べ続けたいと思えるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。